土木施工管理技士の勉強で大切な3つのポイント

土木施工管理技士の勉強で大切な3つのポイント

2021年8月5日

*当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

一郎さん
一郎さん

土木施工管理技士の勉強しないとなぁ。
できればラクして合格したいんだけど、どうやって勉強したらいいの?

土木施工管理技士に合格するためには『1人で勉強してはいけません。』

土木施工管理技士の勉強に必要なポイントは次の3つ

  • 毎日続ける
  • 誰かに見てもらう
  • 自分の苦手を知って、克服する

この記事を読み終えると土木施工管理技士に合格するために必要な勉強の3つのポイントがわかると思います。

土木施工管理技士の勉強で大切な3つのポイント

土木施工管理技士の勉強は1人でしてはいけない

土木施工管理技士の勉強について基本的な知識です。

土木施工管理技士の合格に必要な勉強時間は?

土木施工管理技士の合格に必要な時間は500時間と言われています。

仕事が終わって19時に家に帰ってきて21時から24時まで勉強したとしても半年ほどかかりますね。

毎日(休みの日も)同じように勉強するのはシンドイですよね。

一郎さん
一郎さん

できるだけ効率よく勉強したいんだけど、何かいい方法ありませんか?

土木施工管理技士の勉強方法は?

一般的に土木施工管理技士の勉強方法は、次の3つ

  • 通信講座を受講する
  • 専門学校に通う
  • 独学

専門学校だと40万円くらいします。しかも通うのはちょっと大変ですよね。仕事の都合でいけないこともあると思うのでお金が勿体無いと思います。

かといって、大手の通信講座は10万円近くするのでそんなにお金がない・・・。って思いますよね。

このサイトでは、独学と通信講座のいいとこどりをしている『独学サポート事務局』をおすすめしています。

独学サポート事務局がおすすめである理由・価格やサービス内容、口コミなどは以下の記事でまとめていますので詳しく知りたい方はどうぞ。
>>独学サポート事務局の評判・口コミ【作文代行サービス】

土木施工管理技士の勉強は『継続・理解・進捗管理』

土木施工管理技士の勉強は『継続・理解・進捗管理』

土木施工管理技士に合格するために押さえておくべき3つのポイントを解説します。

土木施工管理技士の勉強は『毎日続けましょう』

資格の勉強の基本ですが、毎日続けることです。

一般的に人間は覚えたことの67%は次の日に忘れてしまいます。(エンビングハウスの忘却曲線)

毎日続けることで記憶に定着するので毎日つづけましょう。

土木施工管理技士の勉強は『暗記では意味がない』

土木施工管理技士の設問は『適当なものはどれか?』『間違っているものはどれか?』が多いです。

つまり、その問題文が『なぜ』間違って(合っている)いるのか?を理解できることが重要なポイントです。

問題文を暗記することにはなんの意味もありません。

テストで点数を取るためには『正しい(間違った)選択肢その理由』が書けないと意味がありません。

なので、『暗記する』だけでは意味がありません。

土木施工管理技士の勉強は『進捗管理』が最も大切

1人で勉強をしているとつい『ぼやっと』してしまったり、『まぁ、今日は疲れてるし・・・』なんて思ってしまうものですよね。

仕事終わりの疲れた状態や、貴重な休日に勉強を効率よくするためには、『勉強の進捗管理』が必須です。

  • 試験日まではあと何日なのか?
  • 勉強はどれくらい進んでいるのか?
  • 苦手を克服するためにはどれくらい時間が必要か?
  • 今テストをした時、自分がどれくらい点数が取れるのか?

1人で勉強しているとこういった指針がわかりにくくなります。

『予定を立てて勉強をしていてもいつの間にか、スマホ触ってた・・・』

なんてことにならないために、『今日はどこまで勉強をするのか?』『苦手なところはいつ勉強をするのか?』『模擬試験はいつやるのか?』など勉強の進捗管理は合格のために必須です。

進捗管理するメリット

土木施工管理技士に合格するためにはテストで6割以上の点数を取る必要があります。

でも、1人で勉強していると苦手なところは無意識に避けがちです。

わからないところをそのままにしがちですよね。

当日のテストで6割以上取るためには『自分の苦手分野を知って』『苦手分野を克服する』ことが必要です。

進捗管理がしっかりとできていると、勉強する時間の効率化ができるので『今日は苦手分野の対策をしよう』など心に余裕も生まれます。

進捗を管理していると試験までの全体像も見えてくるので余裕を持って勉強が進みます。

土木施工管理技士の勉強を続けるためには

土木施工管理技士の勉強を続けるためには

上にも書いた通り、土木施工管理技士の勉強を1人で続けるためには以下の3つが必要です。

  • 毎日やる(勉強したことを定着させる)
  • 進捗を管理する(計画的に勉強する)
  • 苦手を克服する(暗記は意味がない)

合格するために必要な要素ですが、1人でできるか不安・・・。って方には『独学サポート事務局』がおすすめです。

3万円ほどの料金で、以下の講座内容が含まれています。

  1. オリジナル教材(テキスト・問題集)
  2. 受験対策に役立つ10資料(出題傾向を分析した資料・独学のやり方をまとめた資料)
  3. サポートサービス(質問メールサービス・新規試験情報配信)
  4. 記述添削サービス(第二次検定試験必須の経験記述の作成指導及びプロによる添削チェック)
  5. オリジナル冊子『実践!セコカン確実に合格を勝ち取る11のポイント』
  6. 過去問題ファイル(直近10年間にわたる過去出題問題と解答)
  7. モギ試験:本番の試験直前に実力確認と弱点補強のための模擬問題

独学サポートを利用するメリット

独学サポート事務局では、開講から16年の実績から出題傾向を分析した資料があります。この時点で他の受験者よりも有利です。

独学の指標も配信してくれるので合格するための自分の進捗も管理しやすいですよね。

また、独学サポート事務局では、無料の質問サービスもあるので苦手な問題や『なぜそうなるか?』がわからない問題も詳しい解説を送ってくれるので安心ですね。

ほんとに合格できるの?っていう方のために独学サポート事務局の口コミをまとめました。
>>独学サポート事務局の評判・口コミ【作文代行サービス】

通信は高いし、1人で勉強を続けられる自信がない・・って方は『独学サポート事務局』にサポートしてもらうのがおすすめです。

土木施工管理技士の勉強3ポイントまとめ

土木施工管理技士の勉強3ポイントまとめ

土木施工管理技士の勉強のポイントは次の3つです。

  • 毎日続ける
  • 問題文の暗記は意味がない
  • 進捗管理ができないと合格できない

当日は6割以上の正答が必要です。

勉強は進捗管理をして、自分の苦手や得意を把握することが重要になります。

土木施工管理技士は難関資格

土木施工管理技士は合格率が3割程度の難しい国家資格です。

通信や専門学校だと10万円以上で高いなぁ・・・。
でも1人で勉強して合格できる自信がない・・。

って方は3万円ほどで受講できる『独学サポート事務局』がおすすめです。

>>独学サポート事務局の公式ホームページ