【一夜漬けは不可能】2級土木施工管理技士の勉強方法の基本は過去問の周回

【一夜漬けは不可能】2級土木施工管理技士の勉強方法の基本は過去問の周回

2024年1月5日

*当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

2級土木施工管理技士に合格するためには、以下の3つが大切です。

  • キホンは過去問を周回すること
  • 経験記述は添削してもらうこと
  • 毎日、勉強すること

2級土木施工管理技士の合格率は60%超と、一夜漬けでもいけそうな感じですが無理です。しっかりと対策しましょう。とは言いつつも、過去問の周回が王道パターン。結局のところ、独学でも通信でも専門学校でも過去問の周回をします。

独学でも十分に合格できる2級土木施工管理技士の勉強方法を詳しく解説します。

2級土木施工管理技士の勉強は過去問を周回すること

2級土木施工管理技士の試験概要

2級土木施工管理技士の勉強方法は過去問の周回です。理由は以下の3つ。

  • 試験範囲、出題項目が決まっているから
  • 過去問をアレンジした問題が出題されるから
  • 本番の試験問題に慣れておくため

詳しく解説します。

試験範囲、出題項目が決まっているから

2級土木施工管理技士の試験範囲は以下の通り。

第1次試験の出題項目

第1次試験は土木に関する一般的な内容から施工管理に関する基本的な項目から出題されます。

項目出題数解答数
土木一般(土工、コンクリート、基礎)11
専門土木(構造物、河川、道路、ダム、海岸、鉄道、水道)20
法規(労働基準法、労働安全衛生法、建設業法、など)11
共通工学(測量、契約、機械など)
施工管理(施工計画、安全、品質、環境、副産物など)1515
合計61問40問

第2次試験の出題項目

第2次試験では、経験記述をはじめ施工管理に関する応用的な問題が出題されます。

項目出題数解答数
施工経験記述11
土工11
コンクリート22
安全管理11
土工 または コンクリート21
安全管理 または 工程管理21
合計9問7問

この通り、2級土木施工管理技士の出題範囲や項目、さらに、問題数まで毎年同じ。

過去問からどういう問題が過去出題されているのか?を学ぶことで効率よく試験対策ができます。

過去問をアレンジした問題が出題されるから

土木施工管理技士の試験では、過去問に似ている問題が出題されます。実際の問題を2つ紹介します。

この通り、問題文の最後だけ変えたパターンで出題されたりします。過去問から試験対策をしておけば必ず正解できます。

本番の試験問題に慣れておくため

参考書、教科書を見て土木に関する知識があっても、試験でどのような問題が出るのか知らないと回答できません。

実際の問題に慣れておくためには、過去問を何度も解くことが大切です。

だから2級土木施工管理技士の一夜漬けは不可能

知識があっても、問題に答えられないと2級土木施工管理技士には合格できません。

実際の問題文に慣れていないと、正しい解答ができませんよね。また、経験記述問題は、自分の施工経験を正確に書く必要があります。事前準備が大切ですよね。

なので一夜漬けでは2級土木施工管理技士に合格できません。

2級土木施工管理技士の3つの勉強方法

2級土木施工管理技士の勉強とは過去問を周回することと解説しましたが、勉強方法は3つあります。

それぞれのメリットデメリットを示しつつ、解説します。

勉強方法メリットデメリット
独学・自分のペースで勉強できる
・費用が安く済む
・自分で計画を立てないといけない
・わからない問題も自力で解決しないといけない
専門学校・わからないことを先生に聞ける
・カリキュラムがある
・時間的な拘束を受ける
・費用が高い
通信教育・自分のタイミングで勉強できる
・チャットで質問できる
・独学よりも費用が高い
・自分で申し込みしないといけない

2級土木施工管理技士の勉強方法①独学

独学は1番費用が抑えられる方法です。

  • 自分のペースで勉強できる
  • 費用が安く済む(過去問を買うだけ)
  • でも、自力で解決しかない

独学で勉強する上で心配なのが、わからない部分も自力解決。ですが、自分で計画を立ててやる分には1番安く済む方法です。

2級土木施工管理技士の勉強方法②専門学校

専門学校は最も合格に近い方法です。

  • わからないところも先生に聞ける
  • 時間的な拘束を受ける
  • 費用が高い(40万〜くらい)

費用が高い分、わからない部分が先生に質問できたりします。もちろん、経験記述の書き方も教えてくれます。ですが、決まった時間に決まった場所にいないといけないのがネック。費用も高いです。

2級土木施工管理技士の勉強方法③通信教育

独学と専門学校の間くらいの立ち位置です。

  • 自分のタイミングで勉強できる
  • どこでもいつでも勉強できる、質問できる
  • 独学よりも費用がかかる(3万円弱くらい)

自分で計画的に勉強するのは難しいけど、専門学校も行きたくない・・・。なんてわがままが叶います。

質問もできるし、経験記述の添削もしてくれるし、ちょっとのお金でやってくれるのでオススメの勉強方法です。

2級土木施工管理技士の通信教育は3つあって、『土木施工管理技士の通信教育を徹底比較【独学サポート事務局・SAT・たのまな】』で解説しています。

個人的には独学サポート事務局がオススメです。

2級土木施工管理技士を独学で勉強する3つのポイント

2級土木施工管理技士の勉強方法で最も安い独学で勉強する時の3つのポイントを解説します。

  • 計画を立てて、進捗管理する
  • 過去問は暗記でなく理解する
  • 毎日やる

詳しく解説します。

計画を立てて、進捗管理する

計画を立てるだけではダメ。立てた計画に対してどうなのかまで管理しましょう。

とたん
とたん

予定だけ立てて放ったらかし・・・。はダメですね。

計画を立てる上で大切なのは数字。1日に何ページやらなければならないのかを考えてみましょう。

2級土木施工管理技士の合格に必要な勉強時間

人それぞれです。覚えるまでに時間のかかる人、そうでない人いるからですね。

必要な勉強時間というよりも、毎日何時間やるのか?を決めておくべきです。

体調不良や忙しさで勉強できない日もあるはずなので余裕を持った計画にしておきましょう。

過去問を暗記ではなく、理解する

過去問を解くだけではダメです。過去問を解く上で大切なことは次の3つ

  • 解答は必ず『なぜ』を考える
  • 間違えた・勘で答えた問題は印をつける
  • 間違いなおしは必ずやる

過去問は解くのではなく、問題を理解しつつ進めましょう。

解答には必ず『なぜ』を考える

2級土木施工管理技士の過去問を解く時には、『なぜ』を考えましょう。

4択問題なら選択肢全てに『なぜ(正しい・間違い)なのか』を考えましょう。記述問題にもどうしてその解答なのか?を考えましょう。

時間はかかりますが、これが過去問を解くときに大切なポイントです。

間違えた、勘で答えた問題は印をつける

間違えた問題も、勘で答えた問題も印は必ずつけましょう。

それが、自分の苦手問題だからです。

間違いなおしは必ずやる

間違いなおしが1番重要です。

なぜ、間違えたのか?何と間違えたのか?を必ず考えましょう。

過去問を解くだけでは、全く意味がありません。『なぜ』を考えて、間違えたらやり直す。これの繰り返しが試験対策です。

毎日やる

『継続は力なり』です。

根性論かよ。

いえいえ、毎日続けてやることの科学的根拠は『エンビングハウスの忘却曲線』で検索するとわかると思います。

一気にいっぱいやるよりも、毎日少しずつやる方がラクなはず。合格するために毎日勉強しましょう。

2級土木施工管理技士の試験概要

2級土木施工管理技士の勉強方法について解説してきました。ここからは、第1次検定、第2次検定についてもう少し詳しく解説していきます。

第1次検定の概要

第1次試験の概要をまとめます。

  • 『土木』『鋼構造物塗装』『薬液注入』の3分野がある
  • 17歳以上で受験可能
  • マークシート式で4択問題

『土木』『鋼構造物塗装』『薬液注入』の3分野がある

2級土木施工管理技士の受験分野は『土木』『鋼構造物塗装』『薬液注入』の3つです。

自分の受験分野を決めておきましょう。

17歳以上で受験可能

令和6年度から受験資格が変わって17歳以上であれば、誰でも受験可能になりました。

高校生でも受験可能です。

第1次検定はマークシート式

4択問題のマークシート式で回答します。選択問題と必須問題を合わせて61問ありますが、40問解答します。

合格基準は6割なので、24問正解すれば合格できます。

第2次検定の概要

第2次試験の概要をまとめます。

  • 『土木』『鋼構造物塗装』『薬液注入』の3分野がある
  • 受験資格が複数ある
  • 記述式で解答する

『土木』『鋼構造物塗装』『薬液注入』の3分野がある

第1次検定と同様に3分野あります。

受験資格が複数ある

少しややこしいですが、受験資格が複数あります。

ポイントは学歴と卒業学科です。

2級土木施工管理技士の受験資格について詳しくみる

イ 2級土木施工管理技術検定・第一次検定の合格者で、次のいずれかに該当する者

学歴土木施工に関する実務経験年数
指定学科指定学科以外
大学
専門学校の「高度専門士」
卒業後1年以上卒業後1年6か月以上
短期大学
高等専門学校
専門学校の「専門士」
卒業後2年以上卒業後3年以上
高等学校
中等教育学校
専修学校の専門課程
卒業後3年以上卒業後4年6月か以上
その他8年以上

(注1)上記の実務経験年数については、当該種別の実務経験年数である。

(注2)実務経験年数の算定基準日 上記の実務経験年数は、2級第二次検定の前日(令和5年10月21日(土))までで計算するものとする。

(注3)実務経験の内容は、受検する種別(土木、鋼構造物塗装、薬液注入)について、それぞれの種別の実務経験が必要。

ロ 第一次検定免除者

1)平成28年度から令和2年度の2級土木施工管理技術検定「学科試験」を受検し合格した者で、所定の実務経験を満たした者
※当該合格年度の初日から起算して12年以内に連続して2回の第二次検定を受検可能
※第一次検定が免除されるのは、合格した学科試験と同じ受検種目・受検種別に限ります
※平成27年度以前の2級土木施工管理技術検定「学科試験」の合格者は、全国建設研修センターにお問い合わせください
2)技術士法(昭和58年法律第25号)による第2次試験のうち技術部門を建設部門、上下水道部門、農業部門(選択科目を「農業農村工学」とするものに限る。)、森林部門(選択科目を「森林土木」とするものに限る。)、水産部門(選択科目を「水産土木」とするものに限る。)又は総合技術監理部門(選択科目を建設部門若しくは上下水道部門に係るもの、「農業農村工学」「森林土木」又は「水産土木」とするものに限る。)に合格した者で、第一次検定の合格を除く2級土木施工管理技術検定・第二次検定の受検資格を有する者(技術士法施行規則の一部を改正する省令(平成15年文部科学省令第36号)による改正前の第2次試験のうち技術部門を建設部門、水道部門、農業部門(選択科目を「農業土木」とするものに限る)、林業部門(選択科目を「森林土木」とするものに限る)、又は水産部門(選択科目を「水産土木」とするものに限る。)の合格した者を含む。また、技術士法施行規則の一部を改正する省令(技術士法施行規則の一部を改正する省令(平成29年文部科学省令第45号)による改正前の第2次試験のうち技術部門を建設部門、上下水道部門、農業部門(選択科目を「農業土木」とするものに限る)、森林部門(選択科目を「森林土木」とするものに限る)、水産部門(選択科目を「水産土木」とするものに限る。)又は総合技術監理部門(選択科目を建設部門若しくは上下水道部門に係るもの、「農業土木」、「森林土木」又は「水産土木」とするものに限る。)に合格した者を含む。)
3)学校教育法による高等学校又は中等教育学校を卒業した者で、平成27年度までの2級の技術検定の学科試験に合格した後、学校教育法による大学を卒業した者で高等学校又は中等教育学校在学中及び大学在学中に規則第2条に定める学科を修め、高等学校又は中等教育学校を卒業した後8年以内に行われる連続する2回の実地試験(第二次検定)を受検しようとする者で、土木施工管理に関し1年以上の実務経験を有する者
一般財団法人 全国建設研修センター|2級土木施工管理技術検定

詳しい解説は『【2024年度】2級土木施工管理技士の受験資格をわかりやすく解説』を参考にしてください。

記述式で解答する

第1次検定とは違い、記述式で解答します。過去問をしっかり周回しておけば解答できるはずです。

また、自身の工事経験について解答する経験記述問題があるのでしっかりと対策しましょう。

経験記述の書き方のポイントは以下の3つ。

  • 事実だけ書く(嘘やごまかしはしない)
  • 数値をしっかり書く
  • 簡潔にわかりやすく書く

詳しい経験記述の書き方は『土木施工管理技士の経験記述の書き方【書いた後にやるべきことたった1つのこと】』で解説していますので、ぜひ参考にしてください。

2級土木施工管理技士の勉強方法まとめ

2級土木施工管理技士の勉強方法は、独学、専門学校、通信教育です。ですが、どれを選んでもやることは、過去問をやり込むこと。

過去問を解く上で大切なことは次の3つです。

  • 解答は必ず『なぜ』を考える
  • 間違えた・勘で答えた問題は印をつける
  • 間違いなおしは必ずやる

過去問は解くだけでは意味がありません。過去問は暗記ではなく、『なぜ』を考えつつ理解することが重要です。

2級土木施工管理技士の勉強におすすめの過去問はこちら

過去問は理解しつつ進めるべきです。そのためには丁寧な解説が必須。こちらの過去問では、Youtubeでも人気の講師が書いているので間違いないですね。

独学が不安なら、通信教育も検討してみて

独学で勉強できるか不安。サボっちゃいそう。

それなら、通信教育がおすすめです。

  • 勉強の進み具合を管理してくれる
  • 質問し放題
  • 経験記述対策も見てくれる

これだけのメリットがあるので使わない手はないですね。3万円くらいからできるので合格した後の資格手当でペイできます。

詳しくは『土木施工管理技士の通信教育を徹底比較【独学サポート事務局・SAT・たのまな】』で解説していますので、よろしければ参考にしてください。

2級土木施工管理技士の勉強は過去問。ですが、自分にあうやり方で勉強して合格を目指しましょう。